【対外経済貿易大学】校内ICカードの作り方&校内ネットの申込方法


こんにちは、2017年1月まで対外経済貿易大学に留学していたYudaです。

今回の記事では、食堂やスーパー、図書館などで使うICカードの作り方(一卡通)と校内の有料インターネット(無線LAN)の申し込み方法について書きたいと思います。

関連記事
対外経済貿易大学に留学する人向けのおすすめ情報〜食事編〜

対外経済貿易大学に留学するなら知ってほしい情報〜勉強場所編〜

北京・対外経済貿易大学留学日記1〜大学寮編〜
 

SPONSORED LINK

まずはICカード(一卡通)から。

お金をチャージすれば、これ一枚で校内のスーパーで買い物したり、食堂で料金を払ったり、図書館に入ったりすることが出来ます(ただし我々留学生のICカードでお金を払うと税金取られます)

無線LANを申し込むにも、この一卡通と呼ばれるICカードで料金を払うことになるので、なるべく早めに作ることをおすすめします。

カード作成の申請は国際学院で行います。

なお、カード作成は週に2日しか申請できないので、事前にいつ行けば申請できるかフロントで聞いてみてください(たしか火曜日と水曜日、あるいは水曜日と木曜日だったはず・・・・)

午後に行ってカード申請ができなかったことが何度かあるので、個人的には午前中に申請することをおすすめします。

しかし平日の午前中は授業がある人がほとんどなはず。

ちょっとドタバタするかもしれませんが、授業と授業の間の休み時間に急いで国際学院まで行って申し込むのが確実です。遅くとも授業終わりに行くことをおすすめします。

最初に100元をフロントでチャージするので、100元は必ず持ってきてください。

その後チャージが必要な場合は、第一食堂の二階にチャージする場所があるのでそこでしてください。

説明しなくてもお金とカードを出せばチャージしてくれます。

 

校内有料インターネット(無線LAN)の申込方法

最初に校内のインターネットについてちょっと説明します。

校内のインターネット(無線LAN)には無料版と有料版があります。

無料版は”内网”と言って、中国国内のサイトしか閲覧することが出来ません。

なので中国の検索エンジンのBaiduは利用できますが、Yahooなど日本で主に使う検索エンジンは利用できません。

日本や海外のサイトを閲覧したい場合は、”外网”という有料版を使うことになります。

では、次に”外网”の申し込み方法を説明します。

語学留学する皆さんが通う求知楼の隣りにある”网络与计算中心”という建物に行き、受付でIDを伝えください。

授業が始まって数日〜数週間の間にネットを使用する際に必要なIDが記載されている紙が教室に掲示されるはずです。

料金は1ヶ月20元(だったはず)。

支払いはICカード(一卡通)で行います。

1ヶ月ずつ払うのは面倒なので、事前に数カ月分払ってしまうことをおすすめします。

関連記事
対外経済貿易大学に留学する人向けのおすすめ情報〜食事編〜

対外経済貿易大学に留学するなら知ってほしい情報〜勉強場所編〜

北京・対外経済貿易大学留学日記1〜大学寮編〜

説明は以上です。

情報が曖昧な部分もありましたが、参考にしていただけたら嬉しいです。

それでは今日はこの辺で。

ではでは〜

SPONSORED LINK