中国・四川省成都市のオタクイベント「iComic」に行ってみた


こんにちは、最近北京の空気の悪さに辟易しているYudaです。

前回の記事ではは中国・成都にある本格和菓子屋について書きました。

中国に江ノ電?四川省成都にあった本格和菓子屋が面白すぎ!

今回は中国四川省成都市で開催された「iComic」という漫展(オタクイベント)について書きたいと思います。

SPONSORED LINK

iComicはオタクの垣根を超えた日本文化イベント?

 

image

前売り券を持っていなかったので当日券をネットで買ったのですが、会場はとても混雑していて、入場までに40分くらいかかりました。

 

image

四川でもやはりリゼロのレムラムは大人気。

 

image

lolita专区(ロリータ専用ブース)まであるなんて!!

オタクイベントにロリータブースがあるなんて、日本人からすればとても不思議ですよね。

 

image

ドール専用ブースも(笑)

中国のイベントで初めて見たかも。

image

image

 

image

こちらは和風体験サークル。

image

和服の試着体験や金魚すくいなどもありました。

漫展(オタクイベント)で金魚すくいなんて始めて見た・・・・。

 

 

image

VRコーナーも。中国でもVR盛り上がってます。

 

image

隣接する会場では「OVERWATCH」というFPSゲームの大会が開催されてました。

 

image

もちろんコスプレイヤーもたくさん見かけました。

ワンパンマンのサイタマ先生のコスって本当に勇気いるよなあ。この日のために丸坊主にしたのかな(笑)

 

image

この会場で一番人気だったロリコスプレイヤー

会場のカメラマンにめっちゃ取り囲まれてました(笑)

最後に

アニメや漫画のグッズだけではなく、ここまで多種多様なブースが出展しているからには、漫展(オタクイベント)というよりはジャパンイベントといってほうが良いかもしれません。

それでは今日はこの辺で

ではでは!!

SPONSORED LINK