北京・対外経済貿易大学留学日記1〜大学寮編〜


IMG_0179

こんにちは、Yudaです。

北京・対外経済貿易大学に語学留学して3週間ほど経ちまして、現地の環境に慣れてきました。

といっても北京滞在は4回目なので、さすがにカルチャーショックはもうありませんが、北京特有の乾燥した空気にやられて、一時期体調を崩していました。

が、今は完全復活してピンピンしております。

さて、今回は宿舎編ということで寮やルームメイトのことでも書きたいと思います。

関連記事
対外経済貿易大学に留学する人向けのおすすめ情報〜食事編〜

対外経済貿易大学に留学するなら知ってほしい情報〜勉強場所編〜

【対外経済貿易大学】校内ICカードの作り方&校内ネットの申込方法

SPONSORED LINK

 

IMG_0180

今は华德公寓という大学内にある宿舎に住んでいます。

どうやら新学期ゆえ部屋不足らしく、一番家賃の高い寮に入れられました。

1日80元なので1ヶ月約2400元。

1元=20円で換算すると1ヶ月約48000円もするわけですな。

早く安いところに引っ越したいものですorz

といってもさすがに高いだけあって設備は整っており、テレビ・PC、加熱器・冷蔵庫・ドライヤーは最初から付いており、シーツはほぼ毎日替えてくれるし、WI-FI,水・電気は使い放題なので居心地はとても良いです。

他の寮はWi-Fi・水・電気を使うのにお金がかかるとこもあるらしいので、ある意味安上がりなのかも..?

まるで大学にあるホテルといった感じです。

IMG_0181

セグウェイを乗りこなすエチオピアから来たルームメイト。

みなさんエチオピアってどんなところか知ってますか?

エチオピアと聞いて御茶ノ水にある某有名カレー店しか思い浮かばなかったのですが、どうやらエチオピアはコーヒーが有名みたいですね。

彼は中国語が全くできない代わりに英語は完璧なので、僕も下手くそな英語で何とか意思疎通をしています。

僕も彼もお互いの空間を干渉しすぎずに、自然に付き合えているので特に問題は起きていません。

他の日本人留学生の話を聞くと、彼氏を連れ込んでベッドで一緒に寝てたり友達を何人も部屋に連れ込んで自分のベッドが占領されるなど、色々ルームメイトとの共同生活に苦労しているらしいので、良いルームメイトに巡り会えたなと思ってます。

ただ話しているうちに分かってきたのですが、彼、壊滅的に中国のことを知らないまま北京に来たようです。

一番面白かったのが、重度の大気汚染で外が真っ白な空気に包まれていた時に二人で歩いていたら、

なんでこんなに白いの?綺麗だね!

と聞いてきて思わず笑ってしまいました。

まあ日本にとって中国は地理的にも文化的にも比較的身近な国なので情報が入りやすいですが(主に悪い情報w)、エチオピアでは自分から調べない限り中国の情報はあまり入ってこないのかもしれませんね。

余談ですが、大学構内ではセグウェイに乗って移動する学生をよく目にします。

僕のルームメイトの友達(カメルーン人)なんかは、いつもセグウェイに乗って移動しており、この前地に足をつけて普通に歩いてたのを見かけて逆にびっくりしました(笑)

SPONSORED LINK


いかがでしたでしょうか?

それでは今日はこの辺で。

ではでは!

関連記事
対外経済貿易大学に留学する人向けのおすすめ情報〜食事編〜

対外経済貿易大学に留学するなら知ってほしい情報〜勉強場所編〜

【対外経済貿易大学】校内ICカードの作り方&校内ネットの申込方法