誰でもできるアイデアが面白いほど浮かぶ5つの方法【発想法】


hirameki

 

こんにちは、Yudaです。

みなさんはどんな時にアイデアが浮かびますか?

僕はたまに頭のなかに突然ひらめきが降りてくることがあるのですが、よく考えてみると、ひらめきはある一定の条件下によって生まれるものだと気づきました。

今日は僕が実践している誰にでも簡単にできるアイデア発想法をご紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

本を読む

読書

アイデアは既存の物の組み合わせがほとんどです。

まっさらな状態でひらめきが降りることはまずあり得ないでしょう。

それならば、人の知識の集合体である本を日常的に読んでいれば、アイデアを作り出す素材を無意識に手に入れることができるはずです。

本を読むことで知識をインプットすることを習慣化すれば、アイデアが浮かぶのに必要な下地ができるでしょう。

人と話す

会話

部屋の中で一人悶々と考えていては、ひらめくものもひらめきません。

無理だなと思ったら早めに見切りをつけ、友達や家族に自分の考えていることを話してみましょう。

人と話してみると、自分の思考が整理されてクリアになり、自然とアイデアが浮かぶことがあります。

夜行バスに乗る

夜行バス

実は僕、夜行バス大好きです。

皆さんは意外に思ったかもしれませんが、夜行バスはアイデアが降りる絶好の場所なんですよね。

あの寝れそうで寝れない意識と無意識の狭間にいる状態に入ると、アイデアが降りやすいですよ。

また、夜行バスを使って知らない街を旅をすれば非日常を体験することでもひらめきが起こることもあります。

夜行バスに乗る際はぜひメモ帳とペンを持ちながら寝てみましょう(笑)


お風呂に入る

huro

人はリラックスしている状態が一番アイデアが浮かびやすいんですよね。

煮詰まったら、お風呂を沸かしてゆったりとお湯に浸かってみましょう。

ちなみに、散歩するのもお風呂と同じでリラックスできるのでアイデアが浮かびやすいです。

寝る

寝る

とある漫画家は、枕元にメモ帳とペンを置いていたそうです。なぜかというと、寝ている時が一番アイデアが降りやすいから。

また、夜よりも朝のほうがクリエイティブな思考に適しているので、ひらめきたい方はすぐに寝床につくのがいいかもしれません。

<スポンサーリンク>


さいごに

いかがだったでしょうか?

誰にでもできると思いますので、ぜひ実践してみてください。

 

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

posted with amazlet at 16.01.30
ジェームス W.ヤング
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 559

(アイデアを作り出すノウハウが詰まっています。薄くて読みやすいです。)