ブログ開設から一年が経ったので、思うことなど


こんにちは、Yudaです。

おかげさまでRojiura日和は開設から一年が経ちました。

軽い気持ちで始めたこのブログですが、まさかここまで続くとは思ってもみませんでした。

今回はこの一年間を振り返り、アクセス関連、ブログを始めた理由、ブログを初めてよかったことなどを書いていこうと思います。

 

アクセス数の推移

rojiura-data

(Google Analyticsのアカウントを間違って削除してしまい、 8月7日以前のデータは消えてしまいました(涙) あと、ところどころ0PVになってますが、これも僕がいたずらにブログをいじったせいでPV数が計測されなかった結果ですorz)

ブログを始めて数か月間は1日0PVがほとんどでした。この頃は1PVだけでも嬉しかったです。

毎日PV数をチェックしては一喜一憂してました。

PV数が増えたのは、受験記事を書いたことがきっかけですね。全国から受験生に読んでもらえるようになりました。

ちなみに最後急上昇したのは、この日が国際日本学部の一般入試前日だったからです。次の日はガクッとPV数落ちてます(笑)

今は大体300PV前後で落ち着いています。まだまだ少ないですね(笑) まあ記事自体そもそも少ないから仕方がありませんが。

 

rojiura-data2

はい、セッション数はご覧のとおり右肩上がりです。素直に嬉しいっす。

 

国内

rojiura-map

今では特段すごいことにも思わないのですが、全47都道府県からアクセスがくるなんてブログを始めた時には想像もできなかったことです。やっぱり日本中から自分のブログを読んでくれるって思うと嬉しいです。

国外

rojiura-data3

28か国からアクセスがきました。

 僕がブログを始めた理由

理由と言うかきっかけは二つあります。

一つは、今MATCHAを運営している青木さんにブログやってみたら?と言われたのがきっかけ。ファッション感覚でかるーい感じでやってみようかなーと。

二つ目の理由は、「作り手」側に回ってみたかったから。

ブログを始める前は、自分は何か主体的に行動するタイプの人間ではありませんでした(今でもそうですが)。アニメ鑑賞、読書、ネットサーフィン、どれも「受け手」なんですよね。受動的。

じゃあ作り手に回るには、どうしたらいいだろうと考えたら、自分がすぐにできることなんてほとんどないんですよ。絵なんて棒人間しか描けないし、手も不器用だから何も作ることが出来ない。

でも、「書く」ことなら僕にでもできるかなーと思ったんです。まあ、日本人なので一応日本語は書けますし(笑)

僕は今でも文章を書くことが苦手ですが、すぐ作り手に回る唯一の手段が「書く」ことだったんです。たったそれだけのことなんです。

ブログを初めてよかったこと

1、自分のプロフィールになる。

初めて会う人に、自分という人間を分かってもらうにはブログは持ってこいなんですよね。逆にブログを通して自分に興味を持ってくれる人もいるので、ブログは僕の壮大な自己紹介文みたいなもんなんです。

2、言語化しておくと自分の考えてることを説明しやすくなる

自分が考えていることを相手に話そうとすると、自分でも何言っているのか分からなくなってくることってよくありませんか?自分が頭の中で考えていることって、結構あやふやなものが多いんですよね。一度具体的に言葉として残しておけばより理解が深まるし、相手にも説明しやすくなるのは、ブログの一つのメリットだと思います。抽象的なことほど言語化するのは難しいですが、書き上げた時は喜びもひとしおです。

3、自分はライターに向いてないとわかった

ブログを初めて、自分は文章書くのが苦手だと思い知らされました。一記事書くのに何日もかかるし、細かいところが気になって中々アップできない。何回も何回も推敲を重ねてやっとアップを決心する。毎回そんな感じです。多分ライターやブロガーってある意味適当さが必要なんだと思うんですよね。今では少し慣れましたが、やっぱり記事を書くのは今もなおかなりの精神力を要します。気軽に書くことが出来るようになりたいですね。(ちなみにこの記事はあまり考えずにササっと書き上げています。このペースを維持できればいいですね)

最後に

ブログって自己満足でいいと思うんですよ。

他人の顔を伺って、人気集めのために興味のない記事を無理に書くよりも、自分の書きたいことを書くのが一番だと思うんですよね。

これからもマイペースに書いていこうと思います。

それでは今日はこのへんで。

ではでは!