ケロリン桶の謎


kerorin-picture

「ケロリンってなんなんだ?」

僕が中学生の頃、「NieA_7」というアニメを見てそう思った。

OPでも本編でも意味ありげに何度も登場する黄色い桶。

その桶の中央には、「ケロリン」と書かれていた。

(0:10、0:17、1:09~1:12)

「ケロリンってなんなんだ?」

僕は妙な違和感を覚えた。

特にストーリーの根幹に関わるわけでもなく、劇中で登場人物たちが「ケロリン」のことを言及するわけでもない。

ケロリン桶」はただただそこにあった。

この「ケロリン」という4文字には、どのような意味が込められているのか気になって仕方がなかった。

しかしこの些細な疑問は、受験勉強や部活に追われる目まぐるしい生活を送っている内に、やがて記憶の奥底に埋もれていった。

 

ところが、あれから7年の月日が経った今、僕は「ケロリン」との邂逅を果たしたのである。

僕は大学生になり、今は東京で一人暮らしをしている。

一人暮らしを始めて早2年、1週間に1回銭湯に行くことが習慣になった。

実家の仙台では滅多に銭湯を利用することが無かったこともあり、最初は大衆の面前で裸になることに抵抗があったが、今ではすっかり慣れてしまった。

ある日、いつもの銭湯に行くと臨時休業で閉まっていたので、仕方なく僕は少し離れた別の銭湯に行くことにした。

番台にお金を払い、脱衣室で裸になると、浴室に入り風呂桶と椅子を手に取って、鏡の前に腰をかける。

ここまでは行きつけの銭湯と変わらない。

しかし、目の前に置いた風呂桶を見て僕は驚愕した。

「あっ ケロリンだ!!!!」

そう、実在すると思ってもいなかった「ケロリン」の黄色い桶が目の前にあったのだ。

そして僕はこう思った。

「ケロリンってなんなんだ!?」

急いで家に戻って調べてみた。

どうやら「ケロリン」は元々内外薬品が製造している鎮痛薬の名前らしい。

なるほど、確かに薬局で見かけた気がしないでもない。

ケロリン桶の由来は、公式サイトで以下のように書いてある。

 

当時、内外薬品では、「ケロリン」をはじめとした置き薬向け製品は好調でしたが、全国に薬局薬店がふえ、「ケロリン」を置いてもらいたいという夢を抱くようになり、その夢の実現に向かって、全国の薬局薬店を廻り始めます。 そんなとき、東京オリンピックの前年(昭和38年)、内外薬品に睦和商事の営業スタッフ(現社長)から「湯桶にケロリンの広告を出しませんか?」と持ち掛けられたのがキッカケ。

引用元 内外薬品株式会社「ケロリン桶の由来」

なるほど、「ケロリン」は広告だったのか。

衛生上の問題から、銭湯の湯桶が木から合成樹脂に切り替えられる時期、「風呂桶を使った広告は多くの人が目にするはず」ということで話がまとまり、東京温泉(東京駅八重洲口)に置いたのが最初です。

これが好評で、ケロリンの桶は全国の銭湯、温泉、ゴルフ場などの浴室へと波及していったのです。以来、延べ200万個も納入。現在も年4、5万個のペースで納入が続けられています。

引用元 内外薬品株式会社「ケロリン桶の由来」

年4、5万個! すごい数。

 

僕は何か運命のようなものを感じ、銭湯にあるケロリン桶を使うだけではなく、自分のケロリン桶を手に入れたいと思うようになった。

試しにAmazonで調べてみた。

hjhjhjhjj

 

「ケロリン桶 関東向A 深型」

関西向けは関東向けより一回り小さいらしい。

1404円・・・はっきりいってかなり高い。

風呂桶なんて100均で買えそうな物なのに。

しかし、ここで買わなければ一生買うことはないだろうと思った僕は、値段は目をつむることにして思い切って注文してみた。

 

数日後

kerorin-picture

届いた。

kerorin-picture3

普通の風呂桶より底が深い気がする。

触ってみた感じ、かなり丈夫そうだ。

僕は居ても立ってもいられず、急いで銭湯に行く準備をした。

kerorin-picture4

着替え用の服と、タオル2枚、シャンプー、洗顔料を用意していざ出陣。

ケロリン桶を担いで銭湯に向かい、靴を脱いで脱衣室に。

Myケロリン桶をこれ見よがしに見せびらかしてちょっと通ぶってみたりして。

浴室で自分のケロリン桶を十分に堪能(?)し、服を着て、銭湯を出た。

夜風が火照った体を心地よく撫でる。

左手に抱えたケロリン桶が長年連れ添った相棒のように感じられた。

うん、自分の風呂桶を持ってみるのもいいかもしれない。

↓この記事を気に入ってくれたらTwitterやFacebookでシェアしてくれると嬉しいです!↓

 

ケロリン湯桶 関東向A 深型
ケロリン
売り上げランキング: 6,103