【Comicup】上海で女装コスプレに挑戦!本番編


会場2

こんにちは、Yuda(@Yudayuda3205)です。

準備編の続きです。

魔都同人祭Comicup)当日
朝5時に起床し、ホテルでゆっくり1時間かけてメイク。

さすがに女装したまま外に出るのは気が引けたので、メイクだけして現地へ赴きました。昌平路駅から静安寺駅に降り、そこから2号線に乗り換えて会場最寄り駅の徐泾车駅へ向かいます。

 

 

AD

カルチャーショック!電車内はレイヤーだらけ!?

徐泾车駅へ向かう途中、電車内で一緒に上海を周ることになったYさんと雑談していると、何やら派手な格好をした女の子たちがゾロゾロと入ってきました。何の集団かとよくよく見てみると・・・ん!?

コスプレしたまま電車に乗ってる・・だと・・!?

美少年のドールを大事そうに抱えている制服コスの女の子やロリータ系の服に身を包んだ子、そして某スポーツマンガのユニフォームを着ている人などなど、

電車内があっという間に超カオスな様相に。

中国ではコスプレしまま公共の交通機関に乗っていいのだろうか!?(後々中国人の友人にこのことについて聞いてみたら、実際その辺の線引きは曖昧なんだそうです。例えば聖闘士星矢のド派手コスをしたまま電車に乗ればそれはさすがに中国でもマナー違反だそうです。)

ある種のカルチャーショックを受けた僕はチラチラとコスプレ軍団を見ていると、あちらも僕たちに気付いた様。あちら側から見れば、メイクだけした気味の悪い少年(Yuda)と和服を着た青年(Yさん)が異国の言葉で何やら話しているわけですから、まあ、当然目立つわけですな。

そんなわけで僕たちは好奇の眼差しを一身に受けながら電車内での時間を過ごしたのでした。

しかし、確かに日本ではまずお目にかかれない光景でしたが、僕が上海で一番大きなカルチャーショックを受けたのは、実はこの電車内での光景ではないんです。

コスプレ軍団とともに電車を降りた瞬間、先ほどの電車内での光景が吹き飛ぶくらいの衝撃が待ち受けていたのです・・・!

驚愕!着替えは駅のど真ん中で!?

写真 2014-11-15 9 43 39

station3

station4

な・・なんだこれは・・!?
僕は唖然としてしまいました。ホームのど真ん中でコスプレイヤーが座り込んでメイクをしている・・・・!? 自由すぎるだろオイ!

日本だったら、間違いなく怒られます。

しかし、ここは中国

郷に入っては郷に従うのが現地でのマナーです。

会場で着替える予定でしたが、急遽変更。

僕も中国人コスプレイヤーに見習って駅のホームのど真ん中で着替えることにしました。

写真 2014-11-23 11 13 16

ウィッグを被ろうとしているYuda

会場に向かう途中に、僕のオタク国際交流の師匠である櫻井先生が紹介してくれた、日本語ペラペラの中国人Kさんと駅で落ち合い、事前に頼んでいたチケットを手に入れました(一枚80元)

matodoujinsai-ticket

チケットゲットだぜ。

1546041_1662546287305641_7635979644936846633_n

いざ会場へ。

会場2

開場待ち。 奥にあるのが魔都同人祭の会場です。すごい並んでます。

yuda-josou

並んでいた時に撮ったのがこの写真。今思えばこれが一番かわいく撮れてました

会場

検査

中国ではこういうイベントでも検査を受けなければいけないのですね。空港みたい。

10850481_311745449017207_1592199115_n

会場の様子

会場内

同人ブース

同人ブースの熱気はまるでコミケのようでした。

会場内の様子は次回詳しくご紹介したいと思います。

それで、Yudaの女装はどうだったの?

13827_304786826379736_5436605688505079402_n

絶☆対☆領☆域

 

さて、メイク歴3日の僕が無謀にも上海で女装に挑戦したわけですが、実際行ってみてどうだったのかと申しますと、

ぶっちゃけ、あんまり目立ってなかったです(爆)

まず予想以上に制服コスが多かった。はっきりいって、本物の制服よりもコスプレ用の制服のほうが派手だし可愛いんですよね(笑)

正直、本物の制服を着ても気付いてもらえないんです。

僕でさえ本物とコスの見分けがつきませんでしたからね。これは本物の制服を着ればチヤホヤされると勝手に妄想していた僕のミスでした。

しかし何の成果も無かったわけではありません。Yさんに写真を頼んでポーズをとっていると、自然にカメコさんが集まりだして写真を撮ってくれました。

や・・・やった! 撮られた!

ほんの3~4人でしたが、自分が撮られる側になれたことに感激しました。

それにしてもあの人たち、僕が男だと気付いていたのだろうか・・・。

 Yuda、パンツ見られて女心を理解する

967912_311749499016802_353390889_n

タクシー待ちのレイヤーさんたち。なんかおもしろい。

 

会場を出て、3人でメイドカフェ(いつか記事にします)に行こうという話になりました。駅に向かう途中、靴の紐がほどけたので結ぼうと片膝立ちをした瞬間、僕はハッとしました。

・・・ハッ パンツ丸見えじゃん! しかも今誰か覗かなかった!?

誰かの視線を感じて急いで立ち上がりましたが、気付いたときには誰も見ていません。

わかりますよ、誰も僕のパンツに興味ないことなんて、自分でもわかってます。

でも、誰得とか、被害妄想乙とか、お前のパンツになんか興味ねえよとか、そんなこと言われたって、

恥かしいものは恥ずかしいんです!!!

僕はこの時まで、「誰かに下着を見られる」という危険性について考えもしませんでした。それがスカートを履くことで、女性が日頃から晒されている危険を初めて体感することができたのです。

ですから、女心を理解できないという男性の皆さん、スカート履こうぜ!

スカートを履くことで女心を理解した僕は、いつかモテモテになるに違いありません。

・・・違いありません(涙目)

AD


最後に

僕の女装はたしかに目立ちはしませんでしたが、不思議と達成感がありました。今思えば、女装するために奔走していたあの頃は、辛かった。

制服を借りるにも一苦労。クラスからは奇異の目で見られ、他に借りるアテもなく、自分の交友範囲の狭さに絶望しました。

本当に苦労しました。

何もかもがゼロからのスタート。メイクも初めは上手くいかず、鑑の前で自分の顔を見て軽い鬱にもなりかけました。

「こんなことをして一体何の意味があるんだ?こんなことにお金かけてどうするんだ?僕はバカなんじゃないのか?」

何度もそう思い悩みました。

でも今は、上海で女装をやり終えて、こう断言できます。

本当にやってよかった!

ただの思い付きを必死に自分で形にして実現することができたのは、何ものにも代えがたい経験であったと今では思います。

さて、次回は魔都同人祭の会場の様子を詳しく見ていきましょう!

【ComiCup】中国版コミケ・魔都同人祭に潜入してみた【コスプレ】

 

写真 2014-11-15 18 39 41

外灘からの景色。ちなみにこのときもまだ女装してました。

結局女装したまま上海の観光地を周りました。もう、羞恥プレイは大歓迎ダヨ。

女装記事

初めて女装した時の体験記事です。

【女装体験】夏休みの最後に女装に挑戦してみた

 

女装始めてから2年経ったのでおすすめ化粧品を紹介してみました。
女装歴2年の僕がおすすめのメイク用品&化粧品

 

上海のイベントで女子高生のコスプレに挑戦しました。

【魔都同人祭】上海で女子高生のコスプレに挑戦してみた 準備編【女装】

 

広州で中国のコスプレ団体制作のコスプレドラマに女装して出演しました

中国のコスプレ団体制作のドラマの撮影に女装して出演してみた