タイでオタク国際交流!Comic Party編 Part2


写真-2014-05-11-18-18-59-1024x768
Comic Party編Part1の続き。気がついたらタイ旅行からもう1ヶ月が経とうとしています。

一ヶ月ですよ! 早いですねー時間が経つのは。

自分の遅筆さに絶望する今日このごろです。

さて、気を取り直して今回もComic Partyについて書きたいと思います。

最初に会場で出会ったコスプレイヤーさんの写真をどどーんとお見せしちゃいますよ!

 コスプレイヤー写真18選!

写真-2014-05-11-19-32-10-768x1024 写真-2014-05-10-20-43-29-768x1024 写真-2014-05-10-15-02-36-768x1024 写真-2014-05-11-19-09-08-768x1024写真 2014-05-28 17 10 40 写真-2014-05-11-18-03-04-768x1024

カメコさんがみんなプロフェッショナルなカメラで撮っているものだから、Iphoneカメラでパシャパシャ写真を撮る自分が恥ずかしかったです・・・。

でもそんな僕の写真をブログに掲載していいかレイヤーさんに聞いたら、皆さん快く頷いてくれました。タイ人優しい!   ちなみに一応念を押しておきますが、この会場の99パーセントがタイ人です。

たまたま出会った現地在住の日本人の方とも話しましたが、完全に「ナニコレ?」状態でした。 日本のアニメや漫画でこんなに盛り上がっているのに、肝心の日本人がそれを知らないって、なんだかもったいないですよねえ。

オークションの可能性

  このイベントで一番盛り上がったのはおそらくオークションでしょう。

ゲストレイヤーさんが自分でつくったコスプレ衣装をオークションにかけていました。

誰かが手を挙げて「~バーツ!」と金額を言うたびに、会場がどっと沸きました。

勝手な妄想ですが、もし海外コンベンションで日本人が何かやれるとしたら、オークションがいいんじゃないかなあと思うんですよね。

例えば、現地に通訳出来る人が一人いれば、ネット中継で有名な日本人コスプレイヤーが現地に向けて自分がつくったコスプレ衣装を紹介してオークションにかけることも可能な気がするんです。

これだったら一般の日本人でも、現地に赴くこともなく、海外では手に入らないレア限定品をコンベンション内のオークションイベントで出品することもできる気がします。

最大の問題は、そもそも出品側に海外コンベンションでオークションにかけるメリットがあるかどうかなんですよねえ・・・・・。

まあいずれにせよ初めてオークションに立ち会いましたが、オークションの面白さは、会場の雰囲気が盛り上がれば盛り上がるほど、熱気におされて入札する人が増えたり、高い値がついたりするところではないでしょうか。買い手も売り手も見る方も楽しめるイベントでした。

大集合

コスプレコンテスト

レイヤーさんよりカメコさんに圧倒されてしまった一枚

最後にみんなで写真撮影。

ちょwww警備員さん仕事仕事!

スペシャルディナーでComic Partyについて聞いてみた。

写真-2014-05-10-22-16-53-1024x768

イベント初日の夜、ゲストレイヤーさんを交えたスペシャルディナーに参加しました。

僕の隣の席の人はシンガポールから来たカメコさんで、他愛もないことを話していたのですが、日本に帰ったあとに調べたら、なんとFacebookでいいね数30万(2014年6月9日現在)を誇るその業界では有名なカメラマンさんでした・・・・。

ああ!もっといろんなこと聞いておけば良かった!

このイベントの主催者である、近藤さんにもお話を伺いました。

Comic Partyを開催した経緯を聞くと、こういったイベントをやりたいというタイ人たちと出会ったことを機に、「じゃ、俺がやってやるよ」という軽いノリで始めたそうです。

もちろん僕が知らないところで苦労されてきたのでしょうが、近藤さん曰く、「高校の文化祭準備のノリですよ」とのことでした。

文化祭準備のノリで本当に実現しちゃうんだからすごいよなあ・・・・・。海外のコンベンションを日本人が主催するってすごくレアなんですよ。

近藤さんと話していて、一番印象的だったのが「アニメやマンガのコンベンションがない国を見つける方が難しい」ということです。

海外で日本のポップカルチャーが盛り上がっているのに、日本人がそのことを知らないのは、何度も言いますが、本当にもったいないと思います!

Comic Partyは「日常の延長線」だった。

ちなみにみなさん、Comic Partyは一年に一回だけタイで開かれているイベントだと思っていませんか? ノンノン。

なんと、月に2~5回、しかもタイだけではなく、カンボジア、ラオス、ミャンマー、マレーシアでも開催されているんです!(詳しくはHPにて)

僕のブログの月間更新数よりお(ry

近藤さんはコンベンションがなかった国にも切り開いていき、今では週単位で国を跨いでComic Partyを開いているんです。

なんてタフなお方なんだ・・・・。

バンコクでも1~3ヶ月に1回の頻度で開催されているからか、あの場にいたタイ人たちは決して待ちに待ったイベントに心躍っているといった風ではありませんでした。

むしろこのイベントは「日常の延長線」に位置するのかなあと思います。

給食でたまにでてくるカレーみたいな、そんな日常の喜び。

つまりはコスプレイベントが日常レベルにまで、さもあたりまえのように溶け込んでいるってことなんですよね。

いかがでしたでしょうか? フランスで「Japan Expo」というイベントがあることは知っている方も多いと思いますが、このようなイベントは世界各地で開催されているんです!

さて、次はComic Partyと並行してタイで開かれたコンベンション、Thailand Comic Conについて書きたいと思います。それでは!

タイでオタク国際交流! 一覧>

タイでオタク国際交流!~メイドカフェ編~

タイでオタク国際交流!Comic Party編 Part1

タイでオタク国際交流!Comic Party編 Part2

タイでオタク国際交流! Thailand Comic Con編

タイでオタク国際交流! オタクショップ編


One thought on “タイでオタク国際交流!Comic Party編 Part2

  1. Pingback: タイでオタク国際交流をしてみた~ | Rojiura日和