秒速5センチメートルの聖地巡礼に行ってきました。






秒速5センチメートルは僕に最も影響を与えたアニメの一つです。 郷愁美や突き詰めた男性の恋愛観など、自分が無意識に求めていたものがこのアニメにはありました。

見ていない方にはぜひ見てもらいたいアニメですね。

3月の前半に行ったのでだいぶ前になりますが、秒速5センチメートルの聖地巡礼に行ってきましたので、ご紹介します。
<スポンサーリンク>


参宮橋公園。冒頭のシーンとラストシーンでこのあたりが描かれています。

まあ、知ってはいましたが桜が無いのが淋しいですね。 桜が舞い散る光景に妄想しつつ、秒速5センチメートルの世界に入り込みます。

時期が時期だけに桜ではないと思いますが、綺麗だったので撮りました。

1173903_230208427170910_1463611394_n

作中で最も印象的な場所である参宮橋駅の踏切。工事中だったようです。

初めての聖地巡礼をして

今回初めて「聖地巡礼」というものをしたのですが、やっぱり作中の舞台となっているところに実際に行き、主人公が見た同じ情景を見てみるっていいですね。

始めてきたのに馴染みのある光景を見るというのは、とても不思議な気持ちになります。

実写だったらこんな気持ちにはならなかったと思うんですよね。

アニメという架空の作り物の中で描かれているからこそ、この「奇妙な既視感」を楽しむことが出来るんだと思います。

聖地は「特別」?

でも、特別美しいわけでも、目立つわけでもありません。

普通の街並みと何ら変わりません。

もともとは数ある平凡な場所の一つが、実際にアニメの舞台になったことで「特別」になったのであって 、普段何気なく通り過ぎている場所と何ら変わりないんですよね。

でも、この「何気なさ」が良いんです。

アニメで現実の普通の街並を映し出すことによって、「何気ない」現実の日常の風景が、実はとても素晴らしいものだということに気が付かせてくれれるんですよね。

そして、だからこそ聖地巡礼に価値があるんだと思うんです。